Top >  リタイアメントビザ他 >  インドネシアのリタイアメントビザ

インドネシアのリタイアメントビザ

対象条件:55歳以上で月に1500USドル以上の年金受給者
1年間の滞在が可能で5回まで延長できる。

■申請時に必要書類
   海外旅行障害保険の加入証書、
   滞在中にインドネシア人の使用人を雇用する証明書。
   月に1500USドル以上の年全受給証明書などの書類

滞在中、3万5000USドル以上の宿泊施設を購大するか
月500USドル以上の家賃の賃貸物件を借りること、
現地の人を使用人として雇う必要がある。

インドネシアのリタイアメントビザ

※最新の情報は領事館などにお問い合わせ下さい。

リタイアメントビザ他

定年者対象のビザ情報&その他のビザ情報
定年後のシニアの方に向けてのビザ、リタイアメントビザを発行している国がいろいろあります
ある程度の金融資産が必要な国がほとんどですが、リタイアメントビザを受けることで、長期滞在が可能になります
ビザ取得による滞在可能期間は国によってかなり違います。
3ヶ月のもの、5年のものなど様々です。
これらの条件は度々変わります。具体的に滞在先が決まったら、最新の情報を訪問予定先の大使館などで調べることをオススメします。

関連エントリー

台湾のリタイアメントビザ フィリピンの永住権制度-特別居住退職者ビザ SRRV イギリスのリタイアメントビザ ■スペインのリタイアメントビザ タイのエリートカード 入国ビザの免除がある国(期間と条件) マレーシア-マイ・セカンドホーム・プログラム オーストラリア-投資リタイアメントビザ タイのリタイアメントビザ インドネシアのリタイアメントビザ



相互リンク集&お問い合せ

オススメ



当サイトでは、情報を更新するように心がけておりますが、最新の情報でない可能性があります。
内容につきましては、ご自身の責任においてご利用ください。
当サイトを利用した結果、利用者に生じた損害はいかなる形でも保障いたしません